Mac スクリーンショットの保存形式を変える方法

Sponsored Link

Macでスクリーンショットをする際に、設定をして欲しいことがあります。


特に、僕のようにブログを書く人間からすれば、「スクリーンショット」は本当に便利な機能です。


Macにおいて、スクリーンショットは shift + command + 4 で選択範囲のスクーンショットが可能です。



ただし、やっていただければわかりますが、保存形式がpngファイルになっています。



png形式は、画質は良い分、かなり思いファイルですね。



ブログでスクリーンショットを使って説明する程度で、png形式の画像を使うのはどうかなーと思います。


おすすめは、軽く、それなりに画質も良いjpg形式。




では、設定をすることで、スクリーンショットで撮った画像の保存形式を自動でjpeg形式にて保存するように設定することは可能なのでしょうか?



スクリーンショットをjpgにする方法

いろいろと調べた結果、こんな方法がありました。


その方法がこちら。



○まず、Finderのspotlight検索にて、「ターミナル」と打ち込む


○「ターミナル」を開いたら、

defaults write com.apple.screencapture type jpg

と打ち込んだあと、(コピペでOK)

⇒Enter

さらに、

killall SystemUIServer

と打ち込み、

⇒Enter



○これでOKです。





あとは、スクリーンショットをいつものように使ってみてください。

jpg形式で保存されているはずです。


もちろん、お察しの通り、ほかの形式にも設定可能です。


type jpgを

jpg png bmp gif tif pdf pict jp2 psd sgi tga

のどれかに変えてみてください。


お好きなファイル形式でスクリーンショットを撮ることができます。


やっぱりpngに戻したい!


そのような場合もあると思います。


こういったときは、


defaults delete com.apple.screencapture type

⇒Enter

killall SystemUIServer

⇒Enter


で設定がデフォルトに戻ります。


Sponsored Link



あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

プロフィール

名前:K

IT系の会社を経営しています。ビジネス、恋愛、自己啓発、勉強法、日記、政治、経済、料理などなど、、、調べたこと、考えたことなどを書き綴っています。

サイトコンセプトはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ