使えるビジネス敬語!これだけは覚えておけっていう10個の言い方

Sponsored Link

最近、ビジネスにおいて敬語をちゃんと使いこなせていない人が非常に多いようです。


これは、会社でも使えますし、就活にも使えます。


もし、敬語に自信がない・・・、あるいはこの言い方で不快な思いをさせていないだろうか・・・という心配な方。


ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。


使えるビジネス敬語厳選10選


お願いする場面


読んでおいてください



この言い方はちょっと失礼ですね。


大人であれば、こうやって言いましょう。


ご一読いただけると幸いです。


暇なときにやっておいてください



これはよく使うフレーズですので、覚えておきましょう。


お手隙の際にご確認いただければと思います。


ちょっと聞きたいんですけど・・・



この言葉を躊躇いなく使う方がいますが、ちょっと失礼なので気を付けてください。
正しくは以下の言い方です。


少々お尋ねしますが・・・


教えてください



こちらも、よく使う表現です。


ご教示ください。


わざわざ、すみません。



これを知っていると、敬語を使える人というイメージを持たれるでしょう。


ご足労おかけします。


届いたら、確認してください。



こちらも、知っておくとよいでしょう。


ご査収ください。


注意してください。気を付けてください。



これは、知っている人も多いかもしれませんが、自分で使えるとよいですね。


ご留意ください。


連絡してください。


丁寧な言い方お願いしたいですね。


ご一報いただけると幸いです。


紹介してください。



この人なら紹介してもいいだろうと思われる人になりたいです。


お口添えをいただければ幸いです。


いつもすみません。



いつもお世話になっている方にもしっかりと敬語を使いましょう。


日頃のご厚意に甘えまして、・・・・


ビジネス敬語をマスターするために


敬語が使えるか使えないか。


これも本当に勉強です。


仕事をしながら覚えるということも一つの手ではありますが、最低限のことは本などで勉強できるとよいですね。




こういったものを参考にするとよいかと思います。


知っているか、知らないかの違い。


これだけで評価が変わってしまうのであれば勿体ないですよね。


積極的にこういった勉強もしていきましょう。


Sponsored Link



あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

プロフィール

名前:K

IT系の会社を経営しています。ビジネス、恋愛、自己啓発、勉強法、日記、政治、経済、料理などなど、、、調べたこと、考えたことなどを書き綴っています。

サイトコンセプトはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ