概念的思考とは一体なにか。概念的思考力の身に付け方とは?

Sponsored Link

概念的思考力の定義

一見するとあまり関係がないように思えるような事象の間にある、共通する意味・関係を把握したり、ある事象から連想的に別の新しい概念を見いだしたりすることで、新しい考え方やモデル、独自の理論をつくりあげていく力。
(創造性+理論・モデル構築力)



概念的思考とはつまり、”関連していそうもないこと”を関連させた思考ということですね。


本を読んでいると、どうやら無意識的に形成されていく概念的思考もあるみたいですね。


たとえば”お金があれば成功”というのは、一種の概念的思考でしょう。


それこそ原始時代の人間に対して、「俺は一億円持ってるんだぜ!」と言ったとしても、一億円と成功という概念が結びつかない人間にとっては、ただの”紙切れ”にしか見えないということです。


こういう視点で見ると、自分の中で無意識的に形成された概念的思考が多いことに気づきますね。


同時に、自分が”無意識で生きていること”を痛感させられます。


概念的思考力の身に付け方


ちなみに”概念的思考力”を身に付けることは、ビジネスにおいても役に立つことでしょう。


多分、この思考力を身につけることは”練習の積み重ね”以外にはないと思いますけど、ひとつコツをお伝えするとすれば”共通点を見つける癖”を常に持ち続けることでしょうか。


共通する部分を見つけることによってのみ、より抽象度の高い視点で二つの事象を見ることができるようになるわけですから。


Sponsored Link



あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

プロフィール

名前:K

IT系の会社を経営しています。ビジネス、恋愛、自己啓発、勉強法、日記、政治、経済、料理などなど、、、調べたこと、考えたことなどを書き綴っています。

サイトコンセプトはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ