市場、マーケティング、販売チャネル・・・重要なビジネス用語の意味まとめ

Sponsored Link

ちょっと今回は基本のビジネス講座です。


多くの人の認識が曖昧になってしまっている”ビジネス用語”について、意味と解説をまとめていきたいと思います。


ちなみにここで出て来る言葉はかなり重要なので、全部押させておいて下さい。


市場

これは「しじょう」と読みます。


マーケットです。


意味は”売買がやり取りされると場所”という意味です。


ビジネスの超基本用語ですが、ここを曖昧にしておくと後々混乱しますので、ちゃんとはっきりさせておきましょう。


”場所”というとイメージされるのは”大阪市”とか”渋谷区”とか”六本木ヒルズ”のように物理的な場所を考えてしまうかもしれませんが、この場合の”場所”というのは必ずしも物理的な空間だけで無く”概念的な空間”も指しています。


たとえば”為替市場”と言うように、お金とお金が交換されているわけですから、”円とドルが取引される場所”というように概念的な意味も含んでいるわけですね。


いいですか?市場というのは”商品の売買が行われる場所”(概念的な意味も含む)ということなんですね。


マーケティング

マーケティングという言葉をご存じだと思いますが、多分ほとんどの人は意味を理解していないですね。


マーケティングという概念を理解するには、”歴史”から考える必要があります。


というのも、昔はモノを作ればそれだけで売れる時代がありました。


しかし、それだけではだんだん売れなくなってくるわけです。


そうなれば”市場に対して能動的に自分たちから働きかける”という必要性が出て来るわけです。


そういう姿勢を取っていくという概念が”マーケティング”ですね。


受動的な態度だけで売れていた企業が、能動的な態度を取ってより多くの商品を売っていこうという姿勢をとって、そのために色々と工夫を考えることが”マーケティング戦略を練る”というような意味なんです。


販売チャネル

販売経路のことです。


マーケティングの一環として”販売チャネルを拡大する”というような使い方をします。


コピーライティング

広告を書くための技術ですね。


マーケティング活動の一環として”より効果的な広告”を書くために生まれた技術です。


Sponsored Link



あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

プロフィール

名前:K

IT系の会社を経営しています。ビジネス、恋愛、自己啓発、勉強法、日記、政治、経済、料理などなど、、、調べたこと、考えたことなどを書き綴っています。

サイトコンセプトはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ