コンサルティング・セールスとカスタマー・リレーションシップ・マネジメント(CRM)の有効性。

Sponsored Link

カスタマー・リレーションシップ・マネジメント

CRM、つまりカスタマー・リレーションシップ・マネジメントというのは、簡単に言えば”顧客中心主義の権化”みたいなものでしょうか。


今はネットが普及したので一対一で顧客に対応していくことにそれほどコストが必要なくなったので、このCRMを多くの企業が取り入れている感じです。


CRMというのは、要するに”顧客との関係性を深めて利益を最大化させる”という考え方から生まれた顧客管理テクニックです。


こうやって関係性を深めてニーズを聞き出すことで、その顧客に対してマーケティング・ミックスを適用させやすいということです。


コンサルティング・セールス

で、コンサルティング・セールスという言葉は、顧客にニーズを聞いたり、悩みを聞いたりして、その対応策として商品を販売していくというセールス手法ですね。


コンサルティングの一環としてセールスをするという考え方と言えばわかりやすいでしょうか。


まぁCRMとの関連性の深いセールス手法ということです。


本当に通信機器が発達したので、メールや電話はいつでもできますし、こういう顧客との関係性を深めていくセールス手法やマーケティング手法はこれからも重要視されていくでしょう。


また市場にもよりますが、新規顧客の獲得が難しくなりつつある今、やるべきことは1顧客あたりの単価をどれだけ高めていくことができるかというのがひとつのポイントなんですね。



Sponsored Link



あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

プロフィール

名前:K

IT系の会社を経営しています。ビジネス、恋愛、自己啓発、勉強法、日記、政治、経済、料理などなど、、、調べたこと、考えたことなどを書き綴っています。

サイトコンセプトはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ