人生を向上させようとするなら「死にたい」という気持ちになることはあり得る

Sponsored Link

今回は少し閲覧注意なテーマを扱います。

ただ、結論はポジティブな話に持っていくつもりですので、「死にたい」という気持ちになってしまう自分に嫌気がさすことがあるのなら、是非最後まで読んでみてください。

僕もどちらかというと思いつめてしまうタイプなので、結構自分自身を否定してしまうことがあります。

結論を先にいうと、「もう全てにやる気を無くした」「死にたい」と感じることは、特に自分自身を向上させようと考えている人ほどそういった感情になりやすいと考えています。

なぜなら、真剣に向上を目指していれば「ストレス」が間違いなくかかるからです。

高校球児が「野球をやめたい」と感じるのは正常な思考

たとえば、高校球児は野球に真剣に打ち込んでいます。

毎日朝から晩まで練習をして、ご飯もトレーニングのひとつと言われ、「食べたく無い」と感じられるほどご飯を食べさせられます。

いくらプロ野球選手になりたい、甲子園に行きたいと思いつつも、日々のトレーニング自体は紛れもなく大変ですから、「嫌だ」という感情が間違いなく伴うものなのです。

つまり、向上を目指すこと、更に言えば高い目標を持って、その目標を達成するためのトレーニングに取り組むことは間違いなく「ネガティブ感情」が伴うものなのです。

一般的にストレスとは「ネガティブ反応」のことを指します。

野球少年達は日々ストレスにさらされていますから、部活をやめたい、もう嫌だと感じることは自然なことなのです。

その「やめたい」「嫌だ」という感情と「甲子園に行きたい」「プロ野球選手になりたい」という感情とせめぎ合っているのです。

人生を真剣に行きている人ほど、高校球児の野球への取り組み方に近い取り組み方を「人生単位」で行っていると言えるのではないでしょうか。

自分に向上したいという欲求がある人ほど、「人生をやめたい」という感情になることは至極当然だということです。

しかし、「人生をやめたい」と思ったときに、多くの人は「こんなことを思ってはダメだ」と自分を否定してしまいます。

僕はこの「自分自身を否定すること」それ自体が最も深刻な問題だと考えています。

自分が「人生をやめたい」と感じたとき、その感情と自分を否定してしまうと更に辛くなってしまうものだと思うのです。

「人生をやめたい」と感じたときには、先ほどの高校球児の話を思い出してみてください。

自分の「人生をやめたい」という感情を「これは当然の感情なんだ」「向上しようとしている証拠なのだ」と思うだけでも、随分と気は安らぐと思うのです。


ヒント:なぜ高校球児は「やめたい」と思いながらも続けられるのか?

なぜ高校球児は「やめたい」と思いながらも野球に打ち込めるのでしょうか?

それは、3年間、あるいは長くても大学の4年間までで部活が終わることを知っているからです。

あるいは「一緒に頑張るチームメイト」がいるからかもしれません。

他にも「支えてくれる家族や友達」がいるからかもしれません。

またまた「自分なりの気晴らし(ストレス発散方法)と回復の仕方」を知っているからかもしれません。


補足:欲求をコントロールすることは難しい


欲求を自分でコントロールすることは非常に難しいです。

欲求の強さは先天的なものであるという説もあり、脳の「側坐核」という部位の活発具合は遺伝的なものとも言われています。

たとえば、「高い目標を持たないでおこう」と意識で考えていたとしても、無意識的にはそう考えられていなければ意味が無いということです。

自分の欲求を抑圧することは、逆にストレスになってしまう可能性もあります。

自分の欲求を素直に認めて、そこから目を背けずにすることから始めることが重要だと僕は思います。

また「ストレスの発散方法」や「回復方法」については、別の記事で書いていきたいと思います。


Sponsored Link



あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

プロフィール

名前:K

IT系の会社を経営しています。ビジネス、恋愛、自己啓発、勉強法、日記、政治、経済、料理などなど、、、調べたこと、考えたことなどを書き綴っています。

サイトコンセプトはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ