コピーライティングにおける「良い文章」の定義とは?

Sponsored Link

コピーライティングにおける良い文章とは、「読み手がまるで話を聞いているような感覚になる文章」である。

シンプルにまとまった文章というよりは、日常会話の中で話し手からプレゼンを受けているような感覚で読める文章こそが「良い文章」と定義できるのではないだろうか。

ただ伝えたいことが伝わる文章というよりも、読み手にとって「読みやすい文章」である必要がある。

そのためには、一つの文に対して、次に重ねることでベストな文章は何であるかを何度も何度も考えながら推敲して文章を書いていくしかない。

読み手が離れていってしまう文章は書いてはいけない。

わかりやすさ、まとまり、シンプルさよりも「読みやすいかどうか」でコピーライティングの良し悪しは決まる。

論文を書くわけでも、小論を書くわけでも無い。

むしろ長い方が論理の矛盾や伝えたいメッセージを遠回しに伝えることもできるため、「話すように書く意識」こそがコピーライティングスキルには求められているのでは無いかと考える。


たとえば、、、

コピーライティングと言うと、某情報商材のスタンスを真似てかわかりませんが、なぜか「堅苦しい文章」を書く傾向にあるような気がします。

ただ、どちらかと言えば、コピーライティングで大事なことは「日常会話をしている感覚で読めるかどうか?」だと思います。

多くの読み手にとって、本のような文体と日常会話の文体であれば、絶対に「日常会話の文体」の方に馴染みがあるからです。

そういう視点で見れば、むしろ「書き方」というポイントだけに目を向ければ、難しい本よりも、軽い1600円くらいのビジネス書の方が勉強になるかもしれません。

もちろん、内容は薄いのですが、、、

その内容が薄い理由はまさに、少しの内容をだらだらと日常会話のように書き進めているからこそ、ボリュームの割に内容が少ないと感じるのです。

書かれている内容のほとんどが「既知の知識だった」という理由もあると思います。

その文章を読んだにも関わらず「新しく知ったことは少ない」と感じるくらいの文章の方が、一般的な多くの消費者に読みやすく、反応を取りやすい文章なのです。


、、、こんな感じの文章はどうだろうか?


Sponsored Link



あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

プロフィール

名前:K

IT系の会社を経営しています。ビジネス、恋愛、自己啓発、勉強法、日記、政治、経済、料理などなど、、、調べたこと、考えたことなどを書き綴っています。

サイトコンセプトはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ