アフィリエイトは「セコいビジネス」だからこそ稼ぎにくい?

Sponsored Link

これから起業する際の選択肢として「アフィリエイトビジネス」は効率的ですのでおすすめです。

しかし、やはり「自分のサイトから売り上げの一部をかすめ取るセコいビジネス」という印象の強いビジネスモデルであることは間違いありません。

多くの方は、たとえば「このサイトで紹介されている本が気になるな」と思っても、「このサイトの運営者にお金が入ることはシャクだから直接Amazonにアクセスして買おう」と考えたこともあると思います。

つまり「アフィリエイトサイトから買いたくない」という想いが誰しもあるわけです。

じゃあどうすれば良いのか?

僕はお金を稼げるアフィリエイトサイトを運営するときに2つのポイントがあると考えています。

・「この人はセコくない人だ」と思われるような運営の仕方を意識する
・「いっつも質の高い情報を提供してくれるから、お返しにこの人のサイトから買おう」という返報性の原理を応用する


まず、セコいと思われているから買われていないと思うのであれば、その「セコさ」を無くせば良いんです。

セコいと思われないサイト運営の仕方を説明しだすと長くなりそうなので、今回はそこは省きます。

そして「返報性の原理を応用する」というポイントもかなり大事です。

結局は「この人のサイトを応援したい」と思ってもらえれば、人はお金を払ってくれるものなのです。

ただでさえアフィリエイト自体が「セコい」と思われているのですから、セコい考え方で運営していてはお金を稼げるはずがありません。

アフィリエイトノウハウをもっと深くアウトプットしています

僕のメールマガジンの方ではブログでは書けないアフィリエイトノウハウを徹底的にアウトプットしています。

興味があればこちらより登録してみてください。


Sponsored Link



あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

プロフィール

名前:K

IT系の会社を経営しています。ビジネス、恋愛、自己啓発、勉強法、日記、政治、経済、料理などなど、、、調べたこと、考えたことなどを書き綴っています。

サイトコンセプトはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ