勉強をしたり、思考法を身に付けたり、仕事術を学べば成功するのか?

Sponsored Link

今日は当たり前のことを言います。


本を読んで勉強したり、
思考法を身に付けたり、
仕事術を学んだり、
回復の仕方を学んだり、
生産性を上げる方法をしたり、、、


そういった行動を日々撮り続けながらも
なかなか思うような成果が出ないのであれば、
優先順位が間違っているのかもしれません。


当然ですが、成果を上げるためには、

「そのための物理的な行動を取ること」

が必要です。


本を読むこと、思考法を身につけること、
生産性を高めること、、、


これらはすべて、

「成果を上げるための物理的な行動を取りやすくするための行動」

でしかないのです。


準備や勉強をいつまでも続けていても、
成果につながることはありません。


当たり前のことですが、
常に意識しておかなければいけないことのひとつです。


よく「どんな本を読めば良いですか?」という質問をすることがあると思いますが、
成果を上げるために本を読むことは必要十分では全くないのです。


成果を上げられるだけの力があるのなら、
本を読む必要性は全くありません。


目的は本を読むことではなく、成果を上げることなのですから。




Sponsored Link



あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

プロフィール

名前:K

IT系の会社を経営しています。ビジネス、恋愛、自己啓発、勉強法、日記、政治、経済、料理などなど、、、調べたこと、考えたことなどを書き綴っています。

サイトコンセプトはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ