失敗を成功に繋げる方法

Sponsored Link

脳は失敗をネガティブフィードバックとして排除し、
成功をポジティブフィードバックとして記憶する。


こう仮定すると、失敗したことはすぐ忘れるようにした方が良い。


人間は損失に敏感であるが、
失敗を何度も思い返して
勝手に傷付くことほど意味のないことはない。


その方法が失敗したときに
「次はこうしよう」と一度だけ考えたら、
あとはそれを思い出すことなく忘れるようにする。


また同じような失敗をしてしまったら、
そのときにもう一度「次はこうしよう」と考えれば良い。


一番ダメなことは何度も何度も
自分の失敗を反芻して行動ができなくなること。


行動をすることを前提として、
「常にデータを取るつもり」で行動する。


そして、ネガティブフィードバックと
ポジティブフィードバックを何度も経験する。


これ以外に向上していく方法はない。


キーボードのブラインドタッチがわかりやすい。


最初は意識して「どうしたいか」に向かって試してみて、
ポジティブフィードバックだけを記憶して自動化させていく。


わざわざ失敗したやり方で何度も悔やんだりしないはず。


目標に向かってとにかく行動すれば、
うまくいく方法だけが蓄積されていくのである。


Sponsored Link



あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

プロフィール

名前:K

IT系の会社を経営しています。ビジネス、恋愛、自己啓発、勉強法、日記、政治、経済、料理などなど、、、調べたこと、考えたことなどを書き綴っています。

サイトコンセプトはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ