何かに本気で取り組んだ経験がない人の特徴3つ

Sponsored Link

仕事や遊びでもなんでも人と関わるとき、僕は「この人はきっと、人生で一度も本気で何かに取り組んだことがないんだなぁ」と感じる瞬間があります。

そんな人の特徴やその理由について書いていきますので、誰か思い浮かべる人が当てはまっているかどうかを考えながら読んでみてください。

自己評価が高いくせに何も行動しない


まず、何かに本気で取り組んだ経験が無い人は自分に対する能力の期待値が高い傾向にあります。

そして、その期待値の高さの現実を知りたくないために、現実を見ないために行動していないとも考えられます。

本気で取り組んで自分の能力を否定された経験が無ければ、「高いかもしれない」という期待を残すことができるからと言えます。


自己評価が高くて行動しないくせに他人の行動を批判する


自己評価が高く行動しないくせに、他人の行動を批判します。

その理由は、「人に成功して欲しくないから」です。

シンプルに「妬み」ですね。

自分が向上しようとせずに、人を下げることによって自分のポジションを下げないようにしようとしているのかもしれません。


本気になって取り組んだときに、現実を知るとすぐにメンタルをやられる


心機一転、そういう人も本気で取り組もうとします。

しかし、過去に一度も本気になって取り組んだ経験のない人間ほど、現実を知った時にすぐにメンタルがやられてしまいます。

期待値だけが高まっていて、現実を知るのですからメンタルがやられることはまぁ当然です。

本気で物事に取り組むということは、自分の今の能力を客観的に知ることができるのです。


僕は一度も何かに本気で取り組んだことない人間に深みや主体性を持っている人間を誰一人として知りません。

本気で取り組むことに遅いことはありませんから、これから何かに打ち込んでみてはいかがでしょうか。


Sponsored Link



あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

プロフィール

名前:K

IT系の会社を経営しています。ビジネス、恋愛、自己啓発、勉強法、日記、政治、経済、料理などなど、、、調べたこと、考えたことなどを書き綴っています。

サイトコンセプトはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ