経験だけをたくさんしても全く意味が無い!経験から自分を成長させる方法

Sponsored Link

経験すればするほど良い、
といった風潮がおそらく一般論ですが、
本当にそうなのでしょうか?


僕は全くそうは思いません。


たとえば、極論を考えてみましょう。


そこらへんに転がっている石を
アメリカに持って行ったとします。


石を日本に持って帰ってきました。


つまり石が「留学」をしたわけです。


石は成長していますか?


まぁ成長はしていないでしょう。


なぜなら、石は思考ができないからです。


つまり、思考ができない人間が、
いくら経験を積んでも何も意味が無いのです。


大半の大学生が留学しても意味が無い理由はこれですね。


PDCAサイクル


PDCAサイクルを回せ、と言われますが、
ここでのポイントはPです。


pでじっくりと仮説を立てる必要があります。


「こういう風に取り組めばうまくいくんじゃない?」

という仮説ですね。


で、それを前提にDCAをすることに意味があります。


Cをする意味は「Pが間違っていた原因を探ること」です。


つまり、Pがそもそも漠然としたものであれば、
Pのどこが間違っていたのか原因も探りようが無いのです。


CはしっかりとしたPが前提にあるということです。


PDCAをいくら回しても成長しない理由は、
しっかりとPが組めていないからだと僕は考えています。


なんとなく始めて何となく原因を分析していても、
そんなPDCAサイクルでうまくいくはずがありません。


経験を自己向上、自分の成長につなげるためには、
「仮定」を持っていることが必要で、
実行した結果「仮定」に沿わなかった原因を
ひとつひとつ分析していくことが大事だということです。




Sponsored Link



あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

プロフィール

名前:K

IT系の会社を経営しています。ビジネス、恋愛、自己啓発、勉強法、日記、政治、経済、料理などなど、、、調べたこと、考えたことなどを書き綴っています。

サイトコンセプトはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ