「感謝日記を書きましょう」に嫌悪を感じる理由

Sponsored Link

今日、良かったことを日記にしましょう。

今日、感謝したことを日記にしましょう。

感謝をしましょう。

これはよくよく考えると理にかなったことだと思う。

ですが、「感謝日記を書いています」と言うと、なんかヤバイ奴感がすごいから言いたくない、、、という気持ちはわかります。

なぜ「感謝日記を毎日つけています」と言いづらい空気なのか?

その理由は、きっと「感謝しましょう」と言っている奴らの大半がヤバイ奴だから。

それは間違いないです、、、

内容と人間性を一緒に考えてはいけないですが、人間そういうものです。

ヤバイ自己啓発セミナーに行くような人たちって言いそうじゃないですか?

「感謝日記をつけましょう」って。

それと同類になりたくないから、「日々、感謝をしよう」と言いづらいですよね、、、


Sponsored Link



あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

Sponsored Link

プロフィール

名前:K

IT系の会社を経営しています。ビジネス、恋愛、自己啓発、勉強法、日記、政治、経済、料理などなど、、、調べたこと、考えたことなどを書き綴っています。

サイトコンセプトはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ